未経験で異業種からの転職

strong man

専門職であるエンジニアは、理系じゃないとなれない、資格が必要と言うイメージが強いですよね。
難しい専門用語が飛び交っているので、とてもじゃないけど異業種から未経験で転職なんて不可能のように思います。
でも、実際は未経験で異業種からでも転職ができますし、絶対に必要な資格と言うものはありません。
求人に「未経験可」と書いていれば一から教育をして、未経験から一人前のエンジニアに育ててもらうことができます。
専門用語が多いからこそ、基礎からしっかりと教えてもらえるところがほとんどですが、
中途採用となるとどうしても「教育はするけど即戦力を求めている」と言う場合もあるので注意が必要です。
未経験と言うのはエンジニアとして実務経験がない、と言う意味で、趣味でプログラミングをしているなど、
経験は必要なくても知識が求められることもあるんです。
特に異業種からエンジニアへの転職を考えているなら、基本的な知識はあらかじめ勉強しておいた方が良いでしょう。
また、1人で黙々とパソコンに向かって仕事をしているイメージの強いエンジニアですが、
実はエンジニアの中でもSEはお客さんと小まめにやり取りをしながらシステムを作ったり改善したりすることになるので、
営業に近い人間力が必要になります。
未経験で異業種からエンジニアに転職する人は、いわばエンジニアの業界における「強み」が1つもない状態です。
だからこそ、エンジニアについて基本的な知識を身に付けておいて、やる気が積極性をアピールすることはとても大切です。
エンジニアの中でもお客さんとの関わりの多いSEの場合は、技術はもちろんですが、それ以上にお客さんが何を求めているのかを察知できるコミュニケーション能力が必要ですから、転職する際にはどんどんアピールしていきましょう。