志望理由が大切

strong man with a sweater personality

未経験で異業種からエンジニアに転職する場合、企業側が一番気になるのが「何故エンジニアになろうと思ったのか」という志望理由です。
未経験で、しかも異業種からわざわざエンジニアになるなら、それなりの理由があるんだろうと考えるからです。
未経験で異業種からの転職を考えている場合、変に「もっともらしい」志望理由はかえって薄っぺらく聞こえてしまう危険性があります。
「システム改善をすることで人の役に立ちたい」と言う志望理由は素晴らしい理由ですが、未経験で異業種からの転職の場合はなんとなく漠然として聞こえます。
未経験で異業種からの転職だからこそ、「学生時代に(または趣味で触っていた)プログラムが上手く動いた時、感動した」などのシンプルな理由を付け加えると、説得力が増します。
また、未経験で異業種からの転職の場合、企業側は未経験でも採用するメリットが何か無いものか、と探りながら面接をしています。
独学での知識を「こんな知識があります!」と披露するのではなく、そこはあえてエンジニアから離れて社会人経験などをアピールした方が効果的かもしれません。
同じ未経験なら、若さのある新卒を採用したいと考える企業も多いので、新卒には無い社会人経験をアピールすることで、
ビジネスマンとしての自分の強みをアピールすることができます。
また、エンジニアは思っている以上にチームで仕事をすることが多いので、
協調性や柔軟性をアピールすると、上手く組織に馴染めそうだと言う印象を持ってもらうことができます。